朝歌3月15日
c0169176_7563989.jpg

am5:14

c0169176_7565839.jpg

くもがくれそのまのすきにのぞくつき

c0169176_7573948.jpg

雲隱寸間月覘寸時
# by mteisi | 2017-03-15 07:59 | 朝歌
c0169176_750046.jpg

ソク つく・すなわち
会意
旧字は卽に作り、
皀と卩からなる。
皀は肌??の初文。
??は盛食の器。
卩は跪坐する人の側身形。
その食器の前に坐ること、
席に即くことをいう。
# by mteisi | 2017-03-15 07:56 | 語源で遊ぶ
萬葉集608
c0169176_7485879.jpg

天皇賜酒節度使卿等御歌一首 并短歌
食國 遠乃御朝庭尒 汝等之 如是退去者 平久 吾者將遊 手抱而 我者將御在 天皇朕 宇頭乃御手以 掻撫曾 祢宜賜 打撫曾 祢宜賜 將還來日 相飲酒曾 此豊御酒者
をす國の 遠の朝庭に 汝等が かくまりなば 平けく 吾は遨ばむ 手抱きて 吾はいまさむ 天皇吾が うづの御手もち かき撫でぞ ねぎ給ふ うち撫でぞ ねぎ給ふ 歸り來む日 相飲まむ酒ぞ この豊御酒 

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-03-15 07:49 | 萬葉集
孔子219
c0169176_7475354.jpg

廿九
子曰、不敎民戦、是謂棄之、
子の曰わく、教えざる民を以て戦う、是れこれを棄つと謂う。
先生がいわれた、「[聖人ではなく]善人でも、人民を七年も教育すれば、戦争にいかせることができる。」

三十
子曰、以不敎民戦、是謂棄之、
子の曰わく、敎えざる民を以て戦う、是れこれを棄つろ謂う。
先生がいわれた、「教育もしていない人民を戦争させる、それこそ人民を捨てるというものだ。

憲問第十四

憲問恥、子曰、邦有道穀、邦無道穀、恥也、
憲、恥を問う、子の曰わく、邦に道れば穀す。邦に道なきに穀するのは、恥なり。
憲が恥のことをおたずねした。先生はいわれた、「国家に道があれば[仕官して]俸禄を受ける。国家に道がないのに俸禄を受けるのは恥である。
# by mteisi | 2017-03-15 07:48 | 孔子
朝歌3月14日
c0169176_748936.jpg

am5:28

c0169176_7483937.jpg

つきあかりわずかにみせてむれぐもの

c0169176_74954.jpg

僅少明光群雲陰月
# by mteisi | 2017-03-14 07:49 | 朝歌
c0169176_7444782.jpg

グン いくさ
象形
車上に立てている旗がなびいている形。
# by mteisi | 2017-03-14 07:47 | 語源で遊ぶ
萬葉集607
c0169176_7385386.jpg

反歌一首
千萬乃 軍奈利友 言擧不爲 取而可來 男常曾念
千萬の 軍なりとも 言擧せず とりて來ぬべき 男とぞ思ふ
 右檢賜酒節度使卿等御歌一首 并短歌

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-03-14 07:44 | 萬葉集
孔子218
c0169176_7293093.jpg

廿八
子路問曰、何如斯可謂之士矣、子曰、切切偲偲怡怡如也、可謂士矣、朋友切切偲偲、兄弟怡怡如也、
子路問いて曰わく、何如なるか斯れこれを士と謂うべき。子の曰わく、切切偲偲怡怡如たる、士と謂うべし。朋友には切切偲偲、兄弟には怡怡如たり。
子路がおたずねしていった、「どのようでしたら、士人といえるでしょうか。」先生はいわれた、「ねんごろにつとめはげまして、にこやかに和らいでいれば、士人どといえるよ。友だちにはつとめはげまし、兄弟にはにこやかに和らぐのだ。」
# by mteisi | 2017-03-14 07:38 | 孔子
朝歌3月13日
c0169176_835037.jpg

am7:24

c0169176_8352669.jpg

ねずぞらのこさめのそらのにびのいろ

c0169176_836299.jpg

鼠空小雨其色鈍色
# by mteisi | 2017-03-13 08:36 | 朝歌
c0169176_831344.jpg

タイ やすらか・ゆたか・おおきい・はなはだ
会意
大とキョウと水からなり。
大は人の正面形。
キョウは左右の手を並べた形。
人が水中に陥り、
これを両手で助け上げる形で、
安泰の意となる。
# by mteisi | 2017-03-13 08:33 | 語源で遊ぶ