朝歌8月7日
c0169176_845789.jpg

am7:37

c0169176_845133.jpg
[
ねずふかくかさなりのあさせみしずか

c0169176_8451785.jpg

深鼠彩重蟬静無韻
# by mteisi | 2017-08-07 08:47 | 朝歌
c0169176_8414319.jpg

バイ かい
象形
子安貝の形。
呪飾として珍重されたものであった。
貨幣として使われ財をあらわす。
# by mteisi | 2017-08-07 08:44 | 語源で遊ぶ
萬葉集753
c0169176_8332846.jpg

浪高之 奈何梶執 水鳥之 浮宿也應爲 猶哉可榜
浪高し いかに楫取 水鳥の 浮寢うあすべき なほやこぐべき
夢耳  繼而所見見乍 小竹嶋之 越礒波之 敷布所念
夢のみに 継ぎて見えつゝ 篠島の 礒越す波の しくしく思ほゆ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
# by mteisi | 2017-08-07 08:41 | 萬葉集
詩経1
c0169176_8125947.jpg

詩経
国風
周南
關雎
其一
關關雎鳩
在河之洲
窈窕淑女
君子好逑
関関たる雎鳩は
河の洲に在り
窈窕たる淑女は
君子の好逑
関々とつれなく雎鳩は
河の洲に
たおやかのよき乙女こそ
君子の好き伴

其二
參差荇菜
左右流之
窈窕淑女
寤寐求之
参差たつ荇菜は
左右に之れを流(もと)む
窈窕たる淑女は
寤寐に之を求む
長き短き水辺の荇采(あさぎ)は
右や左の流れに采る
たおやかかのよき乙女は
明け暮れに思い求める
# by mteisi | 2017-08-07 08:31 | 詩経
朝歌8月6日
c0169176_7123249.jpg

am5:50

c0169176_7124013.jpg

きのうごきいろとりどりのくもながし

c0169176_7124324.jpg

気動容々流雲彩妙
# by mteisi | 2017-08-06 07:14 | 朝歌
c0169176_772381.jpg

セン たたかう・たたかい・いくさ・おののく
旧字は戰に作り、
單(単)と戈からなる。
單は「上部に羽根飾りのある楕円形の盾のの形。
これを執って身を守り、
戈を執って戦うのである。
書いたものは文字ではなく、
戰の図象。
# by mteisi | 2017-08-06 07:11 | 語源で遊ぶ
萬葉集752
c0169176_6552788.jpg

未通女等之 織機上乎 眞櫛用 掻上??嶋 波間從所見
少女らが 織る機の上を ま櫛もち 掻上??島 波の間ゆ見ゆ
塩早三 礒廻荷居者 入潮爲 海人鳥屋見濫 多比由久和礼乎
潮早み 礒回に居れば あさりする 海人とうあ見らむ 旅行く吾を

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
# by mteisi | 2017-08-06 07:06 | 萬葉集
孔子372
c0169176_6442750.jpg


孔子曰、不知命、無為爲君子也、不知禮、無以立也、不知言、無以知人也、
孔子の曰わく、命を知らざれば、以て君子たること無きなり。礼を知らざれば、以て立つこと無きなり。言を知らざれば、以て人を知ること無きなり。
孔子がいわれた、「天命が分からないようでは君子とはいえない。[心が落ちつかないで、利害に動かされる。]礼が分からないようでは安定してやっていけない。[動作がでたらめに成。]ことば
# by mteisi | 2017-08-06 06:53 | 孔子
朝歌8月5日
c0169176_8145384.jpg

am5:37

c0169176_815089.jpg

もゝづきてあけのひかりのあやあやし

c0169176_8163052.jpg

桃明雲彩文夭光景
# by mteisi | 2017-08-05 08:17 | 朝歌
c0169176_813155.jpg

ギョク たま
象形
三玉を紐で貫いた形。
佩玉の類をいう。
# by mteisi | 2017-08-05 08:14 | 語源で遊ぶ