アフリカのコンテナ
c0169176_1514851.jpg


奇妙な形の木の器に出逢った瞬間、虜にされていまいました。形が素晴らしい。たぶん自分が使うために、自分で作った物だと思います。でも、人の物も頼まれれば作っていたし、仕事として成り立っていたのかな。こんな自由な心のありようでお金に換えられるのは、とてつもないことだと思います。
木を刳りぬいて形にしていいます。自然の味なんてものはかけらも感じません。手に負えない斬新さで迫ってきます。口の形と刳りぬきの角度が絶妙な緊張感です。花を入れると素敵です。でも、床に置くと口が傾いてしまうので収まりません。下に小さなものを置いて水平をとります。それくらい適当なんです。
現代作家にはとてもこの真似はできません。人類の歴史を丸抱えしたような土性骨はとても無理です。でも、なんとかならないかと思っています。私達も人類の最先端にいる、一人の人間として。
# by mteisi | 2011-11-02 15:08 | 手仕事
古今和歌集516
c0169176_716385.jpg
am6:51
グレーの雲が迫ってきた。

c0169176_7165028.jpg


よひよひに枕さだめむ方のなし
いかになし夜か夢に見えけむ

私は毎晩毎晩どちらの方向に枕を向けて寝たらよいのか、
方向も決まってない。どのようにして寝た夜、
あの人が夢に見えたのだろうか。
# by mteisi | 2011-11-02 07:22 | 古今和歌集
古今和歌集515
c0169176_658364.jpg
am6:40
なんと爽やかな雲の景色。
この経験はどこかにしまわれて、
いつかひょいとでてくるのか。

c0169176_6584135.jpg


唐衣ひもゆふぐれになる時は
返す返すぞ人はこひしき

日が西に傾いて夕暮れになってくると、
いかにもいかにもあの人が恋しいことであるよ。
# by mteisi | 2011-11-01 07:05 | 古今和歌集
古今和歌集514
c0169176_7104256.jpg
am7:02
雨上がりの爽やかな青い空。

c0169176_710394.jpg


わすらるる時しなければあしたづの
思ひみだれてねをのみぞなく

忘れようとしてもわすれられる時がないので、
心も乱れて声をあげて泣くばかりであるよ。
# by mteisi | 2011-10-31 07:14 | 古今和歌集
鈴木照雄さんの個展
c0169176_15481699.jpg
右が鈴木さん。左があまねやの川口さん。

c0169176_15483877.jpg
迫力ある指描きの大皿。

c0169176_15484263.jpg
面白い形、黒釉が美しい。

c0169176_15484730.jpg
時の流れを抱えながら。

c0169176_15485255.jpg
勢いのある文様。

c0169176_15485754.jpg
我が家にきた中皿達。

16年ぶりの鈴木さん、お変わりなく元気そうだった。それでも腰の調子がよくなくて大皿の轆轤を引くのがつらいそうだ。
黒釉の器が目に入ってきて、皿の他に湯飲みとどんぶり(大振りの茶碗)を求めてきた。
地に足を着けたのんびりとした仕事は、ゆったりとした気分を楽しませてくれそうだ。
自分らしさを無理に追求するのではなく、器の歴史を味わいながら、使ってもらう喜びとともに作る喜びを追いかけることで、個性が育ったというような仕事だと思う。
# by mteisi | 2011-10-30 16:24 | 展覧会
古今和歌集513
c0169176_7234566.jpg
am7:15
空は雨降りの靄に包まれて。

c0169176_7233972.jpg


あさなあさな立つ河霧のそらにのみ
うきて思ひのある世なりけり

(毎朝毎朝立ちこめる河霧のように)、
私の恋の思いが定まらず、
空にばかり浮いているこの世の中であるよ。
# by mteisi | 2011-10-30 07:26 | 古今和歌集
古今和歌集512
c0169176_6473311.jpg
am6:40
綿の重なりのような厚い雲。

c0169176_6473728.jpg


たねしあればいは(ほ誤字)にも松はおいにけり
恋おしこ(こ脱字)ひばあわざらめやは

種があったので、堅い岩の上にさえ松ははえたのであるよ
私も恋つづけたならば、いかに困難であろうとも、
逢わないことがあろうか。かならずあえるであろう。
# by mteisi | 2011-10-29 06:57 | 古今和歌集
古今和歌集511
c0169176_642412.jpg
am6:40
一面の曇り空。

c0169176_6423736.jpg


涙河何みなかみを尋ねけむ
物思ふ時のわが身なりけり

涙河の源などなぜ私は探したのでああろうか。
それはほかでもない、
悲しい物思いをするときの私自身であるよ。
# by mteisi | 2011-10-28 06:47 | 古今和歌集
古今和歌集510
c0169176_6415893.jpg
am6:35
ほんのりとした肌色から青い色へと。

c0169176_6415530.jpg


いえのうみのあまのつりなは打ちはへて
くるしとのみや思ひ渡らむ

(伊勢の海の漁夫が釣縄を長くのばすように)、
私はいつまでも長い間、
こんなに苦しいとばかり思いつづけりことであろうよ。
# by mteisi | 2011-10-27 06:49 | 古今和歌集
稲刈り3
c0169176_1528503.jpg
ぼんやりだが明るい秋空。

c0169176_15284465.jpg
颯爽と陽

c0169176_15284054.jpg
これにて終了。

次女の陽と最後の稲刈り。
あっという間に終わってしまった。
3分の1から4分の1に、
もう何も言うまい。

稲刈り終了。
# by mteisi | 2011-10-26 15:34 | 野良しごと