2008年11月11日
柳宗悦との出会い

長枝さんの話が出てきたから、そのことについて話してみたい。
奈良の日吉館は面白いところで、
会津八一など古代・古美術・文学研究をした人の定宿。
私が泊まった時は、若い学生がごろ寝で重なるようにして寝ていた。
そこに泊まっているうちに武蔵野美大の長枝さんと東京芸大の三井さんと仲がよくなり、
一緒に奈良の寺々を巡り歩いた。
そして別れの時、長枝さんに予定のない旅立ったらついでに横浜の家に寄るように誘われた。
奈良京都で二ヶ月はちょっと長かったので、新潟の良寛さんを訪ねようと計画を変更した。

それで、鎌倉の藍田先生のお宅へ一保堂のお茶と俵屋吉富の雲龍を買って、ご挨拶に寄った。
一泊させてもらい良寛を訪ねる話をしたら、新潟大の加藤僖一先生を紹介していただいた。
新潟では加藤先生に良寛の作品が見れるところを教えていただき、
福岡出身の学生を紹介してくれて、彼の下宿で一泊するように勧めてくれた。
良寛記念館や会津八一の住まいだった記念館も訪ねることが出来た。
面白かったのは、通りに面した佐久間書店の看板が棟方志功の書で、
例のごとく華やかな草花の彩色が施してあって、見応えのあるものだった。

話は前後するが、
新潟へ行く前に長枝さんの家を訪ねた。
お母さんとの二人住まいで、調度品が今まで見たことの独特の雰囲気を持っていた。
お聞きするとお母さんは染色家の芹沢銈介の工房で働いておられた。
柳宗悦の民芸運動の中心的存在で制作していた、芹沢の傍での暮らしは、
塵箱から箒にいたるまで丁寧に目を通したものが使われていた。
その何ともいえない空気に一遍で魅せられてしまった。
食器棚の美しさは目を見張るものがあった。

旅から帰って父の本棚を覗くと、何と柳宗悦選集が全巻揃っていた。
それをむさぼる様に読み、すっかり宗悦に心酔してしまった。
面白かったのは書のくだり、
王羲之よりも中岳霊廟碑の方が素晴らしいと書論を展開していた。
王羲之をたいして評価しないことに驚き、その様な見方に世の中が一変したように感じた。
王羲之の字に面白さを感じないまま、
そのうち分かるようになるかなと思って学んでいたので、無理することはないと納得した。
一つには「茶の美」を読んで、茶の批判に痛快な面白さを感じたので、
書も当たっていると思えたからだ。

この柳宗悦との出会いが、私の書の道が大きく方向を変えることになった。
# by mteisi | 2008-11-12 01:52 | 書について
2008年11月10日
泰山金剛経 其一

c0169176_21344916.jpg

旅行日誌より

泰山金剛経の拓本に初めて出会ったのが、京都・奈良を2ヶ月かけて巡った時だった。
古美術を見ながら目学問をしようと思い立った、36年前の24才のこと。

奈良の旅舎「日吉館」で知り合った長枝さん(今は富山で豆腐屋さんを営んでおられる)に、京都五条にある「河井寛次郎記念館」を教えられて訪ねた。
寛次郎が設計して建てたという建物が素晴らしかった。
そこには、寛次郎の作品や木喰仏、李朝の白磁大壷など、見応えのあるものが沢山。
ところが、一番気に入ったのは掛かっていた掛け軸。
一文字が50cm四方の泰山金剛経。
「楽在其中」のその雄大な造形は、それまで見たどれよりも豊かな表情をしていた。

旅から帰って、金剛経の素晴らしさをみんなに吹きまくった。
是非手に入れたいと話していたら、益尾天嶽さんが見つけてくれた。
c0169176_21561786.jpg

「處作経生、出應名世」
この大らかさを表現してみたいのだが・・・。
# by mteisi | 2008-11-10 22:08 | 歴史的な作家と書
2008年11月9日
古代文字とあそぼう

さて何と云う字だろう。
c0169176_16281093.jpg

先日、福岡市の警固小学校で書の授業をやった。
その時使ったのが紹介の象形文字。
「古代文字と遊ぼう」と銘打っての45分授業。
1年生から6年生の12名。
漢字を知らない1年生でも質問をしながら、文字を当てさせると乗ってきた。
結局、書く時間が少なくなって、じっくり書かせることは出来なかったが、
学年に関係なくみんなで、書を楽しむことが出来た。

文字は右上から、大(人が大きく手足を広げている形)・山・上・四・天(頭大きく書いて上を表わす)・下・歯・川・魚・牛・月・象・
集・目・水・自(鼻の形だが私を指す字になった)・人(人の測身形、助け合う形でない)
日・耳・車・木・羊・火・九(竜の形)・土(神様が降りてくる盛り土の形)・雨。
# by mteisi | 2008-11-09 16:48 | 児童の指導
2008年11月8日
三老諱字忌日記

[さんろうきじきじつき]というもので、諱字忌日を記したものだ。
c0169176_22144094.jpg

四角く書かれたのどかな字形。下の段ほど大きく書いていった、
このなんとも知れない抜けた間の在りよう。
浮きうきさせられる。
キチンとしない素の美しさ、
何ともいえない深い味わいを出している。

この呼吸は陳鴻壽も気になっていたに違いない。

そして、子の字である。最終の横画が下に曲がっている。
他に例を見ないこの形がどうして生まれたのだろうか。
一人の思いつきなのだろうか。
# by mteisi | 2008-11-08 22:30 | 歴史的な作家と書
2008年11月7日
陳鴻壽

陳鴻壽は清代の人。とにかく隷書がとても面白い。
デフォルメを効かせた一字の形が実に楽しい。
隷書で作品を作ろうとは思わないのが、陳鴻壽のムードを持った隷書的作品は作ってみたいと思っている。

先日、酒のラベルの文字の依頼を受けたが、陳鴻壽を頭の片隅においてこんな形有りかいというようなものも書いてみた。ラベルになるかどうかは分からない。

陳鴻壽の作品は二玄社の中国法書選に入れられてないので、身近に学ぶということが少ない。
日本の書道界では陳鴻壽らしい作品を見たことがない。ただ、二玄社が「陳鴻壽の書法」を発行しているので、学ぶことが出来ないわけではない。
何紹基の場合はどの書にも共通した空気があるのだが、陳鴻壽は書体によって全く空気が違っている。
隷書は普通にやる曹全碑風のまろやかな逆入というものがなく、順筆でスッーと入っているものが多い。送筆部は充実させるために様々な展開をしている。筆圧をかけた躍動的なもの、波のように揺れるもの、ジワジワとズズッーと引くものと、なかなか面白い。
ところが行書となると表情が一変する。
意思的な凛とした形は、王羲之の行書表現よりは単一的ではあるが、
知的に作り上げられた造形が感性の清新さを感じさせる。
そして篆刻になると刀法様式美を追求しているように思える。
三折法といって一本の線を微妙に歪めたり、刻みを入れたりしながら表情をつけている。
仲間うちで楽しんだ刀法なのだろうが、
現代の私から見ると、なぜ、あの隷書の破天荒な造形が篆刻でも展開されないのか、不思議に思うが、遊んだ所がちがうのだから仕方がない。

陳鴻壽も歴史に名を刻んだ一人なんだが、私に書の面白さを教えてくれた一人である。
# by mteisi | 2008-11-07 23:46 | 歴史的な作家と書
2008年11月6日
風山叢

今朝、白米にした山の米を食べた。
c0169176_1059613.jpg

つやつやとした銀のつぶの味は一入。
味覚の吟味にうといので、他の米との味の違いを並べ立てることは出来ないが、
うれしい食卓だった。

長年お世話になってきた中川さんにお礼のお米とをと思い袋に詰め、
たまたま家にあった米袋の表示を消すために、和紙を張ってそこに「風山叢」の文字を書き入れてみた。

夏の始まりの頃、それまで、色々と世話を焼いてくれていた中川さんに、
「広い土地だし、立派な百姓さんやけ、自分でやってください。」といわれた。
これまで、何でも手助けしてもらっていおり、そのつもりで頼りにしていたので、エッと思った。
3年前にやった事の多くは中川さんの指示、全くの依存状態だったことに気付かされた。

それからは、本当にどうしたらいいか分からない事だけを尋ねることにして、野良仕事に精を出した。
終わってみると実に有難いことばだったと、色々と学ぶことが出来、感謝の思いでいっぱいになった。

その思いがつまった「風山叢」を拠点にして面白いことを試してみようと思っている。
# by mteisi | 2008-11-06 11:55 | 野良しごと
2008年11月4日
何紹基その2

家に何紹基の作品があったのを思い出した。
c0169176_17544116.jpg

父が台湾から買ってきた物でなかなかいい作品である。
何紹基は雅号を子貞という。印を見ると意匠あふれる書に比べると遊びの少ない、
典型的な秦の小篆で刻まれている。

何紹基の線条の特徴は、刻みを入れながら運筆する独特の筆法にある。
金文や石拓に見える線条が、時代の風雨や使用することでの摩滅などで凸凹が生まれる、
その表情は古色と呼ばれ独特の風趣を持つのである。
線を引く時に、ある人はその凸凹も写し取ろうと試み、ある人は引かれた時の線を思い描いて引くのである。どちらもその人の力量によって魅力的なものになっていく。
何紹基は丁寧に刻み込んでいる。その姿勢は書表現のあらゆる書体の中に現れている。

さて、我が家の何子貞は、
逆入して起筆はまろやかに表現するが、送筆部はあっさりと軽やかに運筆している。近くで見ると墨は紙背透過とはならず、極めて薄い筆触である。
だが、奥深い線に見えるのである。平べったい線を丸く見せる技がある。この技は、篆書の逆入平出法を学べば手に入る。意外と簡単に基本中の基本の運筆が学べるのである。

まあ、何紹基もその時々で、意の趣くままに書を楽しんだのであろう、講釈は後からどんなでもつけられるというものか。
# by mteisi | 2008-11-04 18:00 | 歴史的な作家と書
2008年11月3日
何紹基

清の時代に何紹基という人がいた。知らずにとても影響を受けていた。

私に強い影響を与えたのが津金寉仙先生。戦後の日展で活躍した書家で、父の師でもあった先生の書「定外禪」と「大器晩成」は、見上げるといつもそこにあった。変わった変な字はじっと私を見下ろしていた。
書の道に入った時、亡くなられた先生の後、殿村藍田先生に父が師事したので私も藍田先生に学ぶこととなった。日展や毎日展など中央の展覧会では藍田調で出品し、地方展や個展では寉仙調を追及していた。藍田先生の超美技より、寉仙先生の下手うまに見せられていた。

私の家で「赤い本」と呼んでいた「書藝大観」は寉仙先生発行の競書雑誌であった。そこで述べられている先生の書論は一言も逃さないように舐めるように読んでいた。そこには王羲之があり鄭道昭良寛そして陳鴻壽がいた。王羲之の十七帖や尺牘を寉仙風に臨書したものは、その意表をつく筆意の変化に、これは良寛が混ざり込んだ表現だと見て良寛風の作品作りに没頭していた。

一方、藍田先生が鳩居堂に筆を買いに行ったら、この筆で何紹基を書けるようになったら一流になれると云われて、筆と何紹基を買って書の道に入った、という話をある本で読んで、それなら私もと何紹基を一心に学んだ。
その頃は寉仙、藍田、良寛、が制作の時のイメージで、何紹基の技術はベースになる重要なものと思いながら書をやっていた。

それから十年以上は経っていたかもしれないが、寉仙先生と何紹基がふと重なって見えた。エッ、何紹基のまんまじゃないかと、がっかりしたことを覚えている。なぜ、何紹基がいいという言葉が「書藝大観」になかったのか、と。
私も良寛経由の思い込みが強くて、よく見るとそっくりなのに気が付かなかった。面白いものである。それにしても、私淑した寉仙先生と直接指導を受けた藍田先生が大きく何紹基に関わっていたのである。何紹基に只ならぬ縁があると思った。
だが何紹基のイメージで制作したことは一度もない。

何紹基は何を書いても一貫して顔法であり、顔真卿の顔法より分かりやすく、より特徴的に表現している。そして、その造形は隷書のイメージが強い。表情のユニークさは隷書の結体から生まれて来ている。
臨書が残されている張遷碑など相当学んだであろうが、石門頌楊淮表紀に意を通じさせているのではないかと思っている。
清代の書家は金石の研究が進んでいたので、独特の書法観と造形を持っていたものが多い。その辺の所をこれから紹介してみたい。
# by mteisi | 2008-11-04 00:03 | 歴史的な作家と書
2008年11月2日
脱穀

脱穀をすませて来た。
54キロの収穫。

野良仕事の師匠の中川さんから、
脱穀機を貸してもらい、
使い方を教えてもらった。
c0169176_21145351.jpg

竹に稲の束を並べた時はタイムスリップしたようで、
大満足だった。

c0169176_211597.jpg

小さな藁束。
アッという間に脱穀収量。
# by mteisi | 2008-11-02 21:20 | 野良しごと
2008年11月1日
手製本2

花畑公民館の子ども達は全部で9人。
書を残すための指導のテストをやっている。
興味を持ってくれるということが一番なのだが、
それがなかなか難しい。
暴力や恐怖心で押さえつけるのは論外だが、
言葉で説得するのも難しい。
基本的にご褒美はなし。
朱液で注意や〇をつけることもしていない。
手を取る指導もめったにしない。
c0169176_1957256.jpg

木村香奈恵ちゃん5年生。世話やきさんだが、書への興味は薄い。

c0169176_19574446.jpg

上手い字を書く。
何か面白いものが見つかればいいのだが。


c0169176_19581552.jpg

平嶋純子ちゃん3年生。とても楽しそうにやっている。

c0169176_19583192.jpg

絵も字も書くのが大好きで、物語も黙々と作っている。
おしゃべりも大好きな左ききの子。
# by mteisi | 2008-11-01 20:18 | 児童の指導