朝歌2月21日
c0169176_07300629.jpg
am5:25

c0169176_07301579.jpeg
みちるつきしろくひかりてねずのくも

c0169176_07302197.jpeg
満月白輝鼠雲幽邃

# by mteisi | 2019-02-21 07:32 | 朝歌
c0169176_07282645.jpeg
イン ただす・おさめる・つかさどる・つかさ
会意
丨(こん)と又(手)からなる。
手に神杖をもつ形で、
それをもつものは聖職者である。
杖は神霊の憑りつくものであった。
殷の湯王をたすけて殷王朝を興したといわれる伊尹は、
おそらく伊水の神を祭る聖職者であったと、
思われる。
のち尹は官名となり、
儀礼の執行者を尹といい、
金文に「作冊尹」「内史尹」などの職がある。
周初の[令彝]に「三事四方を尹(ただ)す」とあって、
百官を総べることをいう。

# by mteisi | 2019-02-21 07:28 | 語源で遊ぶ
萬葉集1308
c0169176_07272069.jpeg
秋夜乎 長跡雖言 積西 戀盡者 短有家里
秋の夜を 長しと云へど 積りにし 戀を盡せば 短かりけり

c0169176_07272289.jpeg
寄衣
秋都葉尒 々寶敝流衣 吾者不服 於君奉者 夜毛着金
秋つ葉に にほへる衣 吾は着じ 君に奉らば 夜も着るがね



# by mteisi | 2019-02-21 07:27 | 萬葉集
詩経564
c0169176_07255599.jpeg
天監在下 有命既集  天監下に在り 命有り既に集る
文王初載 天作之合  文王の初載 天之が合を作る
在洽之陽 在渭之涘  洽の陽に在り 渭の涘に在る
文王嘉止 大邦有子  文王嘉あり 大邦に子有り

# by mteisi | 2019-02-21 07:26 | 詩経
朝歌2月20日
c0169176_07452217.jpg
am5:27

c0169176_07452513.jpeg
ねずがめんぬりこめるよのあけもよう

c0169176_07452834.jpeg
鼠画面兮黒夜明様

# by mteisi | 2019-02-20 07:48 | 朝歌
萬葉1307
c0169176_07431038.jpeg
寄夜
忍咲八師 不戀登爲跡 金風之 寒吹夜者 君乎之曾念
よしゑやし 戀ひじとすれど 秋風の 寒く吹く夜は 君をしぞ思ふ

c0169176_07431668.jpeg
或者之 痛情無跡 將念 秋之長夜乎 寤臥耳
わび人の あな心無と 思ふらむ 秋の長夜を ねざめ臥すのみ



# by mteisi | 2019-02-20 07:44 | 萬葉集
c0169176_07443195.jpeg
イン・キン ひとしい・すくない
会意
勹と二からなる。
勹は旬の卜文・金文と同じく、
九の形に近い。
九は竜が尾を内に捲く形。
中の小点二は、
一定量の金属を鋳こんだ塊の形。

# by mteisi | 2019-02-20 07:44 | 語源で遊ぶ
詩経563
c0169176_07414695.jpeg
維此文王 小心翼翼  維れ此の文王 小心翼翼
昭事上帝 聿懐多福  昭に上帝に事へ 聿に多福を懐ふ
厥徳不囘 以受方國  厥の徳囘はず 以て方國を受く

# by mteisi | 2019-02-20 07:42 | 詩経
朝歌2月19日
c0169176_07441565.jpg
am7:11

c0169176_07442933.jpeg
あめけぶりそらはやわぎのねずのそら

c0169176_07443207.jpeg
煙雨霞空鼠雲和悠

# by mteisi | 2019-02-19 07:46 | 朝歌
萬葉集1306
c0169176_07422777.jpeg
秋夜之 月疑意君者 雲隱 須臾不見者 幾許戀敷
秋の夜の 月かも君は 雲隱り しましく見ねば ここだ戀しき

c0169176_07423004.jpeg
九月之 在明能月夜 有乍毛 君之來座者 吾將戀八方
九月の 有明の月夜 ありつゝも 君が來まさば 吾戀ひめやも



# by mteisi | 2019-02-19 07:43 | 萬葉集