人気ブログランキング | 話題のタグを見る
楽在其中
楽在其中_c0169176_202343100.jpg

楽しみはその中にある。これが個展のために作った最後の印。

楽在其中_c0169176_2023578.jpg

陶印の数々。全部で32顆作った。印譜も充実しそう。

「楽在其中」の拓本に京都の河井寛次郎記念館で出会った。
泰山金剛経の存在を知ったのもその時。
そのことを漢詩にしてみた。

刻山斜面金剛経
流水研磨石鑽跡
六朝隷楷造作妙
古楽惇厚歓無窮
宮處五条陶人館
邂逅階上掛床間
楽在其中之有拓
其處始開拓鳴動

山の斜面を刻んだ 金剛経
流水に研磨された 石鑽の跡
六朝の隷楷は造作も妙なり
惇厚とした古楽に 歓び窮り無し
宮處は五条の陶人館
邂逅す階上床間の掛軸
楽在其中の拓有り
其處から始まる、拓の鳴動

旅行から帰って金剛経の素晴らしさを合う人ごとに語っていたら、
對幅を見つけてくれた。
また、あまねやの川口さんが拓本の山を見つけてこられた。
こちらは鳴動して、大きな獲物を収穫した。
by mteisi | 2009-11-14 20:59 | 自作の書


<< 印譜「文言之興鼎之鉄筆」      大巧若拙 >>