鼎之鼎展終了
今日ですべての展覧会が終わった。
自分では一応満足の出来る仕事だった。
作品のレベルが古典の中でどの水準にあるのか
はっきりとはしないが、
慈雲や良寛と同じ土壌に立ててないことは解る。
これから、「字統」を研究し
詩歌について思考していこうと思っている。
2015年にその成果を問おうと考えているところだ。

今回はバラバラに個展が始まり、
いつまでも制作や展示の準備に追われてしまった。
来ていただいた皆様と会場で話をすることが出来なかったのが、
とても残念だった。

「会場にわざわざ足を運んで頂いた皆様、有難うございました。」
「御礼申し上げます。」
by mteisi | 2009-12-20 23:08 | 展覧会


<< 風花山叢      悠久 >>