c0169176_16402566.jpg


黒は里と人で出来ているが、
旧字は柬と火とで出来ていた。
柬は橐(ふくろ)の中にもののある形。
下に火を加えてこれを薫蒸し、
黒めてその色をとる意がある。

子規の歌と句に黒があった。
○夕顔の実の太けくに墨黒に目鼻をかかば人とならんかも
○黒きまでに紫深き葡萄かな

そして黄の句が見つかった。
○栗飯や糸瓜の花の黄なるあり
by mteisi | 2010-01-24 16:43 | 語源で遊ぶ


<< 玄      黄 >>