古今和歌集81
c0169176_12392985.jpg

東宮の雅院にてさくらあの花のみかわ水にちりてながれけるを見てよめる
    すがのの高世

枝よりも あだにちりにし 花なれば
おちても水の あわとこそなれ

東宮の雅院で、桜の花が散って、御溝水(みかわみず)に流れてゆくのを見て詠んだ歌。

枝からもはかなく散ってしまった花であるから、
散ってからもはかない水の泡となっていることよ。
by mteisi | 2010-07-24 12:47 | 古今和歌集


<< 古今和歌集82      古今和歌集80 >>