古今和歌集93
c0169176_9171563.jpg

題しらず
   よみ人しらず

春の色の いたりいたらぬ さとはあらじ
さけるさかざる 花の見ゆらむ

春のけはいの及んでいる里と、及んでいない里というような差別はあるまい。
それなのにすでに咲いている花や、まだ咲かない花が見えるのであるが、
どうしたことであろうか。
by mteisi | 2010-08-11 09:18 | 古今和歌集


<< 古今和歌集94      アフリカの布 >>