古今和歌集138
古今和歌集138_c0169176_7371386.jpg

   伊勢
 
五月(さつき)こば なきもふりなむ 郭公
まだしきほどの こゑをきかばや

五月が来たら、どこでも鳴くので鳴きふるされてしまうであろう。
ほととぎすよ。
まだその時節にならないころの初々しい声を聞きたいものであるよ。
by mteisi | 2010-10-07 07:43 | 古今和歌集


<< 古今和歌集139      古今和歌集137 >>