古今和歌集168
c0169176_7272384.jpg

みな月のつごもりのひよめる
  
夏と秋と 行きかふそらの かよひぢは
かたへすずしき 風やふくらむ

六月の晦日によんだ歌。

去る夏と、来る秋とがすれちがう空の通路では、
片方は来る秋で涼しい風が吹いていることであろうか。
by mteisi | 2010-11-16 07:33 | 古今和歌集


<< 古今和歌集169      古今和歌集167 >>