古今和歌集169
古今和歌集169_c0169176_723538.jpg

秋立つ日よめる
   藤原敏行朝臣 (ふじわらとしゆきのあそん)

あききぬと めにはさやかに 見えねども
風のおとにぞ おどろかれぬる

立秋の日によんだ歌。

目前の景色を見ているだけでは、
秋が来たとはっきりわからないけれども、
吹く風の音を聞くと、
さすがに秋であると感じられることであるよ。
by mteisi | 2010-11-18 07:29 | 古今和歌集


<< 古今和歌集170      古今和歌集168 >>