張遷碑
c0169176_219408.jpg


c0169176_2195645.jpg


隷書といえば張遷碑が好きだった。
不格好なたくましさが気に入っていた。
もしかして何紹基がよく書いていたからかもしれない。

そんな張遷碑を作品にしたのがこの作。
寸時舎を建て終えて、
さあこれから面白い作品をじゃんじゃん書くぞと、
張り切っていた。
gallery聚をopenして個展を開いたときのもの。
画用紙に彩色してコンテで臨書した。

昨日、美美さんで福を見ていると、
森光さんが後ろ指さしたので、
振り返って見た瞬間、
昔の元気な自分が飛び込んできて、
よろこびが沸騰した。
by mteisi | 2011-01-14 21:20 | 自作の書


<< 古今和歌集225      古今和歌集224 >>