古今和歌集227
c0169176_71567.jpg
am7:05☆
乳白色の空にやわらかい雲がふわり。

c0169176_7152150.jpg


僧正遍昭がもとに、ならへまかりける時に、
をとこ山にてをみなへしを見てよめる。
   ふるのいまみち

をみなへし うしと見つつぞ ゆきすぐる
をとこ山にし たてりと思へば

僧正遍昭のもとに奈良へ下って行ったときに、
男山でおみなえし見て詠んだ歌。

おみなえしをいやなことだ、気にくわないと見ながら通りすぎた。
所もあろうに男山に立って咲いていると思ったので。
by mteisi | 2011-01-17 07:27 | 古今和歌集


<< 白雲黙々      及 >>