人気ブログランキング | 話題のタグを見る
古今和歌集265
古今和歌集265_c0169176_7151146.jpg
am7:03☆
すっきりと雲がうかんでいる。

古今和歌集265_c0169176_7152330.jpg


やまとのくににまかりける時、
さほ山にきりの立てりけるのを見てよめる
 きのとものり

たがための錦なればか秋ぎりの
さほの山辺をたちかくすらむ

大和の国に下向したときに、
佐保山に霧がたちこめていたのを見てよんだ歌。

佐保山のもみじは、いったいだれに見せるための錦であるというので、
あのように秋霧が山一帯に立ちこめて、もみじをかくすのであろうか。
by mteisi | 2011-02-24 07:19 | 古今和歌集


<< 森信也個展      ミロの素描 >>