古今和歌集296
古今和歌集296_c0169176_7185810.jpg
am7:07☆☆
猿の腰掛のような雲が浮かんでいる。

古今和歌集296_c0169176_718074.jpg


 ただみね

神なびのみむろの山を秋ゆけば
錦たちきる心地こそすれ

神の鎮座まします三室の山を秋通って行くと、
全山紅葉しているので、
美しい錦を着物に裁って着ているような気がすることである。
by mteisi | 2011-03-27 07:24 | 古今和歌集


<< 古今和歌集297      古今和歌集295 >>