古今和歌集391
古今和歌集391_c0169176_948781.jpg
am5:07☆
ブルーグレーの波のうねりのような雲。

古今和歌集391_c0169176_9481799.jpg


おほえのちふるがこしへまかりけむまのはなむけによめる
 藤原かねすけの朝臣

君がゆくこしのしら山すらねども
雪のまにまにあとはたづねむ

大江千古が越の国(北陸地方)へ下った餞別に詠んだ歌。

あなたの行く越の国にある白山は知らないが、
雪が深いと聞いているので、雪に印されたままに、
あなたの跡をたずねて行こう。
by mteisi | 2011-06-30 09:54 | 古今和歌集


<< 田植え其の3      田植え其の2 >>