古今和歌集402
c0169176_6105853.jpg
am6:03☆
裾にうすい白い雲が広がり、斜めに流れたり。

c0169176_61157.jpg


かきくらしごとはふらなむ春雨に
ぬれぎぬきせて君をとどめむ

どうせ同じことであるなら、空をまっくら闇にして、
ひどく降ってほしいものである。
雨のために出発できないと、春雨に無実の罪をおわせて、
あなたをいつまでもとどめておこう。
by mteisi | 2011-07-11 06:20 | 古今和歌集


<< 古今和歌集403      草刈り >>