古今和歌集406
c0169176_641474.jpg
am6:34☆
白鼠、蒼鼠、紫黑鼠、黒鼠、蒼黒、青白、白青とさまざまな雲の重なり。

c0169176_6165958.jpg


もろこしにて月を見てよみける
 安倍仲麿

あまの原ふりさけ見ればかすがなる
みかさの山にいでし月かも

中国で月をながめて詠んだ歌。

大空はるかにゆり仰ぎながめると、月が照っているが、
あれは昔、日本にいたときに、
春日の三笠山に出たあの月であるよ。
by mteisi | 2011-07-15 06:26 | 古今和歌集


<< 印印泥其の1      稲は何処 >>