古今和歌集422
古今和歌集422_c0169176_13504657.jpg
pm12:40☆
もくもくとまぶしい雲。

古今和歌集422_c0169176_1351042.jpg


うぐひす 
 藤原としゆき朝臣

心から花のしづくにそぼちつつ
うくひずとのみ鳥のなくらむ

「うぐひす」を隠しよんだ歌。

自分からすすんで花の滴にひどくぬれておきながら、
つらくも羽が乾かないなどとばかり、
あの鳥は鳴いているようである。

(うくひず 憂く乾ず)
by mteisi | 2011-07-31 15:05 | 古今和歌集


<< 草取り12      草取り11 >>