今朝の一筆
c0169176_6494072.jpg


臤は上の方を見ている目の形に手を入れている形。
瞳を傷つけて視力を失わせることを表している。
このような方法です力を失った者が臣(しもべ)で、
神に捧げられ神に奉仕する者であった。
臣の中には普通の人と違って、
さまざまな能力をもつ者がおり、
その人を臤という。
臤が賢のもと字。
貝は遠く南方の海でしか取れない子安貝で、
非常に貴重なものとされ、
賢は高価という意味になるのであろうが、
臤にかわって「かしこい、まさる、すぐれる」の意味に
使われるようになった。
by mteisi | 2011-11-09 07:08 | 自作の書


<< 古今和歌集523      古今和歌集522 >>