熊井邸訪問
川内さんに誘われて久留米の熊井邸を訪ねた。
美事な茶室があるということと、
正月2日にやる「年取り」の会と「正月茶会」の
予行練習をかねてやって来た。
熊井家は廻船問屋の「湊屋」を営んでいた家柄。
100年以上経つ家の部材を利用して、
現在の家に移築された立派なもの。
代々お茶をたしなんでおられたので、
道具拝見ということもあった。

c0169176_6391442.jpg
熊井さんはミラノに工房を持って活動している彫刻家。
玄関で独特なリズムを持ったフォルムが迎えてくれた。

c0169176_6392068.jpg
早速、茶室拝見。細川幽斎の短冊の書が瀟洒に掛けられていた。
そして熊井さんの彫刻。

c0169176_6392363.jpg
茶室の設えに簡素な品のよさがある。

c0169176_6392899.jpg
和紙が回された壁も粋。

c0169176_6393119.jpg
障子の桟に竹が使われている。節が面白い。

c0169176_6443126.jpg
川口さんの奥さんが作品に花を指して、準備完了。

c0169176_6393710.jpg
耳を付けて珍しい形をした釜の火も熾ってきた。

c0169176_6394450.jpg
江越さんに茶を点ててもらう。
その後、お茶の練習。
長いことやってないので、
何もかもが、どうやっていいのやら。
ということで、
茶会は荒れるでしょう。

c0169176_6404446.jpg

実はハイライトが用意されていた。
箏奏者のLEIHA(レイハ)さんの演奏。
30代の若い奏者は美事な箏の音を響かせ
私達の心をつかんでしまった。

来年はどんな破天荒なことが待っているのやら・・・・
by mteisi | 2011-12-27 07:38 | あそび


<< 古今和歌集571      今朝の一筆 >>