老子第七章
老子第七章_c0169176_6465250.jpg


天長地久。天地所以能長且久者、以其不自生、故能長生。

天は長く地は久し。
天地の能(よ)く長く且(か)つ久しき所以の者は、
其の自ら生ぜざる以てなり、
故に能く長生す。

天は永遠なるもの、地は久遠なるものだ。
天地が永遠悠久でありうるわけは、
自分からその生命をのばそうとしないからである。
だから、長生きでありうるのだ。

我欲が災いの根源か。
by mteisi | 2012-01-14 07:01 | 老子


<< 古今和歌集589      冊 >>