老子第九章
c0169176_6404861.jpg


・・・・
功遂身退、天之道。

功遂(と)げて身退くは、天の道なり。

仕事をなし遂げたら身を退ける、
それが天の道というものだ。

仕事に身を捧げつくすというのが
立派な生きざまのようだが、
それだけではないようだ。
自分の身を機敏に関知するには
気を静かに燃やすことが要求される。
by mteisi | 2012-01-16 06:53 | 老子


<< 古今和歌集591      風 >>