老子第二十七章
c0169176_6232442.jpg

・・・・
是以聖人常善救人、故無棄人。常善救物、故無棄物。是謂襲明。
・・・・

是を以て聖人は常に善く人を救う、故に人を棄つること無し。
常に善く物を救う、故に物を棄つること無し。
是れ襲明と謂う。

そういうわけで聖人は、いつでもうまく人々が活動できるようにするから、人々は見捨てられることはない。
いつでもうまく物事が生かされるようにするから、物事は見捨てられることがない。
このことを、道を知る明知にしたがうという。

みんな救われると、仏陀もいっている。救われていない人が沢山いるように見えるのだが、みんなどこかで救われているのだろうか。
by mteisi | 2012-02-03 06:46 | 老子


<< 古今和歌集609      為 >>