人気ブログランキング | 話題のタグを見る
古今和歌集614
古今和歌集614_c0169176_728486.jpg
am7:23
暗雲たちこめる、とまではいかないが。

古今和歌集614_c0169176_7284255.jpg


 みつね

たのめつつあはで年ふるいつはりに
こりぬ心を人はし知らなむ

「そのうち逢いましょう」などと私を頼みに思わせておきながら、
実際に逢わないで長い月日がたってしまった偽りの言に、
まだ懲りもしないで、
あてにしている私の純真な心をしってもらいたいものであるよ。
by mteisi | 2012-02-08 07:32 | 古今和歌集


<< 古今和歌集615      老子第三十二章 >>