c0169176_6202632.jpg

ゴ たのしむ・くれ
口はサイで祝禱の器。
手で器をささげ、
身をくねらせて舞う形。
神を悞(たの)しませ、
祝禱をおこなうこと。
娯や虞のように呉のつく字には、
娯楽の意味があり、
神を楽しませるためのものだった。
by mteisi | 2012-02-21 06:31 | 語源で遊ぶ


<< 老子第四十五章      古今和歌集626 >>