古今和歌集634
c0169176_6553026.jpg
am6:50
うすい藍のいろの空模様。

c0169176_6553531.jpg


 よみ人しらず

こひこひてまれにこよひぞ相坂(あふさか)の
ゆふつけ鳥はなかずもあらなむ

長い間恋つづけて、
やっと今夜めずらしく逢うのである。
逢坂(おうさか)の関いる木綿(ゆう)つけ鳥は、
夜が明けないように、
いつまでも鳴かないでいてもらいたいものである。
by mteisi | 2012-02-28 06:58 | 古今和歌集


<< 只      老子第五十二章 >>