古今和歌集635
c0169176_6484867.jpg
AM6:42
雪景色、静かな空にあける。

c0169176_6484681.jpg


 をののこまち

秋の夜も名のみなりけりあふといへば
事ぞともなくあけぬるものを

秋の夜の長いというのも言葉だけのことであったよ。
いざ恋人に逢うということになったところ、
なんということもなく夜が明けてしまったことよ。
by mteisi | 2012-02-29 06:52 | 古今和歌集


<< 古今和歌集636      老子第五十三章 >>