人気ブログランキング | 話題のタグを見る
懐風藻17
懐風藻17_c0169176_5594961.jpg

詠雪
 文武天皇

雲羅囊珠起
雪花含彩新
林中若柳絮
梁上似歌塵
代火輝霄篆
逐風𢌞洛浜
園裏看花李
冬条尚帯春

雪を詠ず
 文武天皇

雲羅 珠を囊(つつ)みて起り
雪花 彩を含んで新たなり
林中 柳絮のごとく
梁上 歌塵に似たり
火に代りて霄篆(せうてん)に似たり
逐風 洛浜に𢌞り
園裏 花李を看れば
冬条 なお春をお帯びる

薄絹のような雲は雪を包んで空に広がり
花のような雪は色どりも新鮮な感じ
林に降る雪は柳の綿が飛ぶかのように
梁に乱れ散る雪は歌に舞う塵のようである
雪は太陽に代わって夜の書物の燈りとなり
風に流れるさまは洛水神女そのままの艶
庭のすももの木を見ると
冬枯れの枝に積もった雪は春の花そのものだ
by mteisi | 2012-05-04 06:01 | 懐風藻


<< 村      古今和歌集700 >>