人気ブログランキング | 話題のタグを見る
古今和歌集747
古今和歌集747_c0169176_6592840.jpg
am6:10
今日もグレー。

古今和歌集747_c0169176_6592346.jpg


五条のきさいの宮のにしのたいにすみける人に、
ほいにはあらでものいひわたりけるを、
む月のとをかあまりになむ、
ほかへかくれける。
あり所はききけれど、え物もいわで、
又のとしのはる、むめの花ざかりに、
月のおもしろかりける夜、こぞひて、
かのにしのたいにいきて、
月のかたぶくまで、
あばらなるいたじきにふせてよめる。
 在原業平朝臣

月やあらぬ春や昔の春ならぬ
わが身ひとつはもとの身にして

五条の后の御殿の西の対屋(たいのや)に住んでいた女性に、
公然とではなく通い続けていたが、どうしたことか、
正月の十日過ぎに他所に隠れてしまった。
女性の居所は聞いていたけれど、便りすることもできないで、
明くる年の春、梅の花盛りで、月景色が美しかった夜、
去年のことを恋しく思って、あの西の対屋に行って、
月が西に傾くまで、荒れはてていた板敷にふせっていて詠んだ歌。

この月は昔の月と違うのであるか、否、昔のままである。
この春は昔のままの春である。
そして、私一人だけは昔のままの身であって
今年は相手の女性がいないのがまことに遺憾である。
by mteisi | 2012-06-20 07:01 | 古今和歌集


<< 古今和歌集748      奴 >>