古今和歌集758
c0169176_6283438.jpg
am6:03
あつい雲がかぶさっている。

c0169176_6283793.jpg


すまのあまのしほやき衣さをあらみ
まどほにあれや君がきまさぬ

須磨の漁夫が塩を焼くときに着る着物は、
筬(おさ)の目があらいので、織り糸が間遠になっているが、
私たちもおたがいに離れて遠いからであろうか、
あなたはすこしも来てくださらないが。
by mteisi | 2012-07-01 06:30 | 古今和歌集


<< 追      地 >>