古今和歌集785
c0169176_5522666.jpg
am5:30
雲と空とが澄んでいる。

c0169176_5522389.jpg


返し
 なりひらの朝臣

ゆきかへりそらのみにしてふることは
わがゐる山の風はやみなり

私が行ったり来たりしながら、
宿りもせず、空にばかり過ごしているのは、
私が宿るはずの山の風がはげしいからである。
by mteisi | 2012-07-28 05:58 | 古今和歌集


<< 之      土 >>