宇_c0169176_753652.jpg

ウ のき・おおきい

于に大なるもの、まがれるものの意がある。
[説文]に「屋邊なり」と軒先の意とし、
屋根の水落ちのところをいう。
宇宙の語は[荘子、斉物論]に、
「日月に旁(そ)ひて宇宙を挾(さしはさ)む」とあり。
[淮南子、斉俗訓]に
「往古来今、これを宙といふ、
四方上下、これを宇といふ」とみえ、
時間と空間をいう語とされる。
by mteisi | 2012-10-10 07:15 | 語源で遊ぶ


<< 滅      古今和歌集859 >>