古今和歌集963
c0169176_6541069.jpg
am6:30
黒いだけの空。

c0169176_654851.jpg


左近将監とけて侍りける時に、
女のとぶらいひにおこせたりける返事によみてつかはしける
 をののはるかぜ

あまびこのおとづれじとぞ今は思ふ
我か人かと身を(脱字)たどるよに

左近将監を免職になった時に、
親しい女が見舞をよこした返事に詠んで贈った歌。

お見舞をいただき、普通ならすぐにお伺いしたいのですが、
ただいまはお訪ねいたしますまい。
免職になり、我ながら自分か人か区別できないほど、
気が転倒している時でありますから。
by mteisi | 2013-01-23 06:56 | 古今和歌集


<< びっくり仰天      争 >>