古今和歌集1002
c0169176_7175848.jpg
am7:02
グレーうす赤ブルー静かにとける。

c0169176_7103840.jpg


ふるうたたてまつりし時のもくろくのぞのながうた
 つらゆき

ちはやぶる  神のみよより   くれ竹の   世々にもたえず
あまびこの  おとはの山の   はるがすみ  思ひみだれて
さみだれの  そらもとどろに  さよふけて  山ほととぎす
なくごとに  たれもねざめて  からにしき  たつたの山の
もみぢばを  見てのみしのぶ  神な月    しぐれしぐれて
冬の夜の   庭もはだれに   ふるゆきの  猶きえかへり
年ごとに   時につけつつ   あはれてふ  ことをいひつつ
きみをのみ  ちよにといはふ  世の人の   おもひするがの
ふじのねの  もゆる思ひも   あかずして  わかるるなみだ
藤衣     おれる心も    やちくさの  ことのはごとに
すべらぎの  おほせかしこみ  まきまきの  中につくすと
いせの海の  うらのしほかひ  ひろひあつめ とれりとすれど
たまのをの  みじかき心    思ひあへず  猶あらたまの
年をへて   大宮にのみ    ひさかたの  ひるよるわかず
つかふとて  かへり見もせぬ  わがやどの  しのぶさおふる
いたまあらみ ふる春さめの   もりやしぬらむ

古歌を献上した時の目録の序とした長歌。

神は神代からはじまり、代々絶えず伝わっている。音羽山にたなびく春霞に思い乱れ(春)、さみだれの降る夜空もひびくばかりに、夜ふけてほととぎすが鳴くごとに、だれも目をさまされ(夏)、立田山の美しい紅葉を賞翫し(秋)、十月になり時雨が降りつづき、冬の夜の庭もまだらに降り積もる雪のやはり消え去り(冬)、毎年毎年折にふれて感慨ふかいことを歌にうたいながら、また君の長寿を千年までも祝い(祝)、世間の人々の思い、駿河国の富士山の噴火のような、はげしい愛情も(恋)、満足しないで別れる涙(別)、喪服の藤衣を縫っている悲しいこころも(哀傷)、いろいろな歌ごとに(雑)、天皇の勅命をかしこんでそれぞれの巻に残らず収めるとて、(伊勢の海の浦にある潮貝を拾うように)歌を拾い集め、選りすぐったつもりであるが、私どもの才が足らず、考えが及ばず、(やはり何年も禁中ばかり、昼となく夜となくお仕えするとて、顧みもしなかった私の家の忍ぶ草が生いしげっている板の間があらいので、降る雨のもれるように)秀歌ももれていることであろう。
by mteisi | 2013-03-03 07:11 | 古今和歌集


<< 蘊      五 >>