懐風藻46
c0169176_7415739.jpg


遊吉野宮
 従四位下左中弁兼神祇伯中臣朝臣人足

仁山狎鳳閣 智水啓竜楼 花鳥堪沈翫 何人不淹留

吉野宮に遊ぶ

仁山鳳閣に狎れ 智水竜楼に啓く 花鳥沈翫するに堪へたり 何人か淹留せざらん

仁者の楽しむ山は離宮とよくるつりあい、智者の楽しむ川は宮殿のほとりを流れる。花鳥ともに鑑賞には申しぶんない。だれがここに留まり賞美しない者がいよう。
by mteisi | 2013-03-10 07:42 | 懐風藻


<< 厄      古今和歌集1009 >>