懐風藻85
c0169176_7435317.jpg

七夕
 贈正一位左大臣藤原朝臣総前

帝里初涼至 神衿翫早秋 瓊筵振雅藻 金閣啓良遊
鳳駕飛雲路 竜車越漢流 欲知神仙会 青鳥入瓊楼

七夕
 
帝里初涼至り 神衿早秋を翫ぶ 瓊筵雅藻を振ひ 金閣良遊を啓く
鳳駕雲路に飛び 竜車漢流を越ゆ 神仙の会を知らんと欲せば 青鳥瓊楼に入る

帝都に初秋の気が訪れ、天子は七夕の宴を賞美される。玉かざりの宴席で詩文の才を振るい、金の楼閣でよき会遊を開かれる。織女の鳳の乗り物は雲間をはせて行く。二星の神仙の会合を知りたいのなら、青鳥が楼閣に飛んで入るあの趣きといおう。
by mteisi | 2013-04-23 07:45 | 懐風藻


<< 不      古今和歌集1053 >>