c0169176_7375235.jpg

フ はなぶさ・おおきい・ず

否定・打ち消しの「ず」に借用して用いる。
もと象形で花の萼柎の形であるが、
その義に用いられることは殆どない。
by mteisi | 2013-04-24 07:38 | 語源で遊ぶ


<< 古今和歌集1054      懐風藻85 >>