朱放
朱放_c0169176_7345875.jpg

題竹林寺
 朱放

歳月人間促 煙霞此地多 殷勤竹林寺 更得幾囘過

竹林寺に題す
 朱放 しゆはう

歳月人間に促る 煙霞此の地に多し 殷勤にす竹林寺 更に幾囘か過ることを得ん

俗世間に暮らしていると、あわただしく歳月が過ぎてゆくが、ここへ来てみると、空の光も美しい山水の景色がみちたりていて、まるで時の歩みが停止しているかのようにのんびりして見える。今日こそ心ゆくばかり、この竹林寺で眺めくらしたい。これからのち果たして何回ここを訪れることができるか、わかりはしない。
by mteisi | 2013-07-26 07:46 | 唐詩選五絶


<< 想      紀貫之 >>