杜審言
c0169176_145155.jpg

渡湘江
 杜審言

遅日園林悲昔遊 今春花鳥作邊愁 獨憐京國人南竄 不似湘江水北流

湘江を渡る
 杜審言 としんげん

遅日園林昔遊を悲しむ 今春花鳥邊愁を作す 獨り憐れむ京國の人南竄せられ 湘江の水の北流するに似ざるを

うらうらとのどかな春の日永に、園林に遊びくらした昔のことを思いだして悲しさが
こみあげてくる。今年も花咲き鳥歌う春となったが、都を離れた遠い邊地の憂鬱をそえるだけだ。湘江の水が北に向かって流れているのとは似ず、京の人である自分が南方へ放逐されてゆくのを、ひとり自分であわれんでいるしまつだ。
by mteisi | 2013-08-16 14:05 | 唐詩選七絶


<< 羅      和泉式部 >>