李白
c0169176_7173182.jpg

清平調詞三首 其一
 李白

雲想衣裳花想容 春風拂檻露華濃 若非群玉山頭見 會向瑤臺月下逢


清平調詞 三首 せいへいてうし さんしゆ 
 李白 りはく

雲には衣裳を想ひ、花には容を想ふ。 春風檻を拂うて露華濃なり。 若し群玉山頭に見るに非ずんば、 會ず瑤臺月下に向って逢わん。

雲を見れば、美しいお方の衣裳が想われ、花を見れば美しいお方のお顔が想われる。春風がそよそよと欄干をはろうて吹き、露の玉がしっとりと置いた牡丹のあでやかさ。西王母のすみたもう群玉山のほとりでお目にかかるのでなければ、きっと、玉をちりばめた瑤臺のうえて、さんさんとふりそそぐ月の光のしたでお逢いするにちがいない。
by mteisi | 2013-08-25 07:20 | 唐詩選七絶


<< 若      権中納言定頼 >>