王昌齢
c0169176_7322295.jpg

從軍行三首其二
 王昌齢

青海長雲暗雪山 孤城遙望玉門關 黄沙百戦穿金甲 不破樓蘭終不還

從軍行三首其二 じゆうぐんかう
 王昌齢 おうしようれい

青海の長雲雪山に暗し 孤城遙に望む玉門關 黄沙百戦金甲を穿つ 樓蘭を破らずんば終に還らず

青海にたなびく雲はうす暗く雪山をおおうている。この淋しい孤城から、はるかに玉門關を望んで見張っている。黄色い砂塵のとぶ沙漠で百たびの戦闘を経て、堅い金のよろいも、やぶれて穴があいてしまった。それでも樓蘭を撃破しないかぎり誓って故郷には帰らないつもりだ。
by mteisi | 2013-09-19 07:42 | 唐詩選七絶


<< 除      式子内親王 >>