王維
c0169176_7443050.jpg

送韋評事
 王維

欲逐う將軍取右賢 沙場走馬向居延 遙知漢使蕭關外 愁見孤城落日邊

韋評事を送る
 王維 わうゐ

將軍を逐うて右賢を取らんと欲して 沙場に馬を走らせて居延に向ふ 遙に知る漢使蕭關の外 愁へ見る孤城落日の邊

將軍のあとについて従軍し、匈奴族の右賢王をとりこにしようという意気込み。沙漠に馬を走らせて居延の地に向かうのだ。この遠くからでも十分想像できることは、漢の朝官たる君が蕭關を越えて行けば、ただ一つの淋しい城市が入り日の沈むあたりにあかあかと照らしだされるのを、憂愁なまなざしで眺める姿だ。(居延はそれからずっとずっと遠い地のはてにあるのだ)。
by mteisi | 2013-09-30 07:45 | 唐詩選七絶


<< 若      順徳院 >>