張祜
c0169176_91915.jpg

胡渭州
 張祜

亭亭孤月照行舟 寂寂長江萬里流 郷國不知何處是 雲山漫漫使人愁

胡渭州
 張祜

亭亭たる孤月行舟を照らし 寂寂たる長江萬里に流る 郷國は知らず何れの處か是なる 雲山漫漫人をして愁へしむ

空高くぽつんと一つの月がかかって、わが行く舟を照らしており、ひそびそとさびしい長江が果てしなく萬里にわたって流れている。故郷は、いったい、どのあたりであろうか。目に入るものはただ、雲の山並みがひろびろとどこまでもつづいて、人の心を憂愁にしずませるばかり。
by mteisi | 2014-01-04 09:02 | 唐詩選七絶


<< 山家集253254255      欠 >>