趙か
c0169176_7285622.jpg

江樓書感
 趙■(古偏に叚)

獨上江樓思渺然 月光如水水連天 同來翫月人何處 風景依稀似去年

江樓書感
 趙■(古偏に叚)

獨り江樓に上って思渺然 月光は水の如く水は天に連なる 同じく來って月を翫びし人は何れの處ぞ 風景は依稀として去年に似たり

たったひとり大川ぎしの髙樓に登ってみると、遠くはるかな思いのやるせなさ。月の光は水のように澄んで冷たく、大川の水ははてしもなく天につらなって流れている。いっしょにここへきて、月を眺めて楽しんだ人は、どこへ行ってしまったのだ。眼前の風景だけは、どうやら去年と変わらないようだけれど。
by mteisi | 2014-01-13 07:29 | 唐詩選七絶


<< 山家集280281282      角 >>