百人一首535455
c0169176_834816.jpg
am7:14
ぼんやりとしろいべえるのなかにいて


c0169176_8341018.jpg
右大将道綱母

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る


c0169176_834132.jpg
儀同三司母

忘れじの行末まではかたければ今日を限りの命ともがな


c0169176_834154.jpg
大納言公任

滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ
by mteisi | 2014-02-02 08:41 | 百人一首2


<< 舄      盧弼 >>