陸游
陸游_c0169176_08543149.jpg

春晩懷山南

 陸游


梨花堆雪柳吹綿 常記梁州古驛前 二十四年成昨夢 毎逢春晩卽悽然


春晩山南を懷ふ

 陸游


梨花は雪を堆み柳は綿を吹く 常に記す梁州古驛の前 二十四年昨夢と成り 春晩も逢ふ毎に卽ち悽然たり


梨の花は白く、雪が積もったかのように見え、柳は綿毛を吹き散らしていた。梁州の古い宿場の前の風物を、私はいつまでもおぼえている。しかし、二十四年はきのうの夢となってしまった。晩春にめぐりあうたびに、私はすぐ、うら寂しい気持ちに沈んでしまうのである。


by mteisi | 2014-03-04 08:55 | 唐詩選七絶


<< 山家集325326327      歯 >>