観_c0169176_07532587.jpg
カン みる・しめす

形声
旧字は觀。
雚声。
[説文]に「諦視」するなり」とあり、
審らかに観る意とするが、
卜辞に「雚籍」の語があり、
農耕儀礼に関する字と思われる。
また字が鳥の形であることからいえば、
鳥占いの方法による儀礼であろう。

by mteisi | 2014-03-18 08:00 | 語源で遊ぶ


<< 陸游      朝歌3月17日 >>