王昌齢
c0169176_08022339.jpg

聽流人水調子

 王昌齢

孤舟微月對楓林 分付鳴箏與客心 嶺色千重萬重雨 斷絃収與淚痕深


流人の水調子を聽く

 王昌齢

孤舟微月楓林に對し 鳴箏に分付して客心と與にす 嶺色千重萬重の雨 斷絃収むるとき淚痕深し


楓の林を前にして、孤舟と明月と。異郷にある身の思いを託して鳴らす琴の音。山色は深い雨あしの中に包まれて、絃の絶えたまま弾き収めるとき、しとどに残る涙のあと。


by mteisi | 2014-04-01 08:11 | 唐詩選七絶


<< 山家集397398399      麦 >>